自分に似合うレンタル振袖は体型コンプレックスも吹き飛ばせてしまう

rental 着物・振袖・袴

レンタルか購入か、振袖選び

私は二十歳の時、成人式のために振袖を買うかレンタルにするかを迷っていました。成人式の歳になるとどこで聞き付けたのか、色々な着物屋さんが家に来たり、ダイレクトメールがきたりしていました。そんな中で、デパートで着物大市をやるというのをテレビでみて、どんな着物があるのか、試しに見るだけ見てみようと思い、母と一緒に行ってみることにしました。
行く道中で、祖母が着物を買ってあげるかも知れないという話を聞き、「へぇ」くらいに思っていました。いざ、着くと振袖から訪問着、袴、着物に使う小物など色々なものが置いてありました。試着は10着くらいして、かわいいけど自分の顔にはピンクは似合わないしなぁとか色々と見ていて、ある一着の着物を試着した時に、すごく色合いといい質感といい、自分に合っている着物にであったんです。
値段をみると十数万円。レンタルもいいかなぁと思っていたんですが、素敵な着物に出会えで気持ちがレンタル3割購入7割になってしまったんです。そこで、上手いなぁと感心するくらい店員さんが成人式の着付けとヘアセットを付けますとか小物類も付けますとか上手いこと言いくるめられて私と母は購入への気持ちにさせられました。全部で30万円くらいならレンタルと変わりませんよと言われたのが決め手でした。結局振袖を購入しました。でも決して後悔はしていません。いい買い物だったと思っています。

袴と振袖の違いについて

・袴について:袴は、着物の上に着るもので、腰から下を覆うような構造になっています。正しい着方は着物の上に袴をあてるため、着物の上に袴を着るということです。その種類はいろいろで、馬乗袴や行灯袴、禱友袴といった袴があります。また、男性用と女性用の袴があるのも特徴です。袴は女性が着るものというイメージを持っている方もいるかもしれませんが、それは間違いなのです。
・振袖について:振袖は、袖丈の長い着物のことで(小袖と比べると)、未婚女性の第一礼装です。昔は男性も着用していたみたいですが、今では女性が着るのが一般的です。成人式で着ている女性をよく見かけます。振袖は大きく、大振袖、中振袖、小振袖の3種類に分けることができます。
ちなみに、既婚女性の第一礼装は留袖と言います。一般的に結婚式の参列者をみると黒い着物を着用している方が多いと思います。その着物を黒留袖と言い、黒ではなく、色物の着物であれば色留袖、または訪問着という着物が一般的となっています。ここでいう格付けで表現すると、大振袖→中振袖→小袖というような表現となります。一般的に大振袖とはお嫁さんが着用する着物、中振袖は成人式、小袖は主に卒業式といったように分類されます。
・違いについて:大きな違いは、着物と単体で着ることができるかどうかです。袴は着物がなければ着ることができませんが、振袖は単体でも着ることができます。また、男性用があるかどうかという違いもあります。袴には男性用がありますが、振袖にはありません。これらの違いがあることから、袴と振袖ではまったく異なるものとされています。

振袖って、やっぱりいいな!

若い女性の振袖姿は、洋服とは異なり、趣もあり、上品で美しく品格のある装いだと思います。成人式、結婚式の披露宴、卒業式などの行事で着ている姿は、やはり日本人の若い女性の正装として格式高い物ですよね。
私には、2人の娘がいますが、2人ともに振袖を作りました。成人式、卒業式、友人の結婚式の披露宴など、何回も振袖を着てくれました。洋服に比べれば、振袖一式を用意するのは、経済的にもたいへん高価なものだし、家計を圧迫するので、随分悩みましたが、娘たちの美しい姿を見れば、その気持ちも吹っ飛んでしまいました。祖父、祖母ともに、振袖を着ている孫を見て、美しい孫をとても喜んでくれました。
披露宴で振袖を着ている姿をみても、やはり洋服よりは、周囲から見る目も目を見張るものがあります。とても華やかで、振袖を着ている女性は、綺麗で美しいです。華がありますよね。本当に振袖を作ってあげて、よかったと思います。
でも、振袖の手入れはとても大変です。収納しておくのにも、場所をとるし、汚れた時など、なかなか家で洗うとかできません。専門のお店に持って行って、手入れをしてもらわないといけないので、とてもたいへんです。振袖は、高価な物だし手入れも大変ですが、私自身、日本女性の伝統的な装いとして、できれば若い女性には着てもらいたいなぁと思います。


京都に遊びにいくときは着物を着て楽しむのがトレンドとなっています。そんな着物は京都着物レンタルの「とこ都古」でレンタルしましょう!2500円から借りることができるのでおすすめですよ!

ピックアップ

  • 2016/08/30

    私の振袖選び

    振袖は成人式の時にあつらえました。従姉や大学の先輩の華やかな着物姿を見て、成人式には着物を着たい気持ちはありました。ピンキリあるとはいえ、高価なものだし、それほど頻繁に着るものではないので購入かレンタルか悩みました…

  • 2016/08/30

    華やかな場所では振袖着物を

    振袖を着ることで得られるメリットは、やっぱり見栄えがするということでしょう。というか「見栄がはれる」のですよね。洋服の場合ですと、パッと見ただけでは「その洋服がどのぐらいの金額か」といったことは、よくはわからないと…

  • 2016/08/30

    振袖着用で結婚式に出席したら

    大学の時の男友達の結婚式に、振袖を着て出席したときのことです。私の他にも着物で式に出席している女性は数名いましたが、訪問着や小紋の人達ばかりで、振袖は自分だけでした。帯が重く袖が長いので、お手洗いや式場の椅子を立っ…

  • 2016/08/30

    振袖を綺麗に着るために準備したい物

    振袖を綺麗に着るためには、タオルなどで体型に合わせた補正をすることが大切です。できるだけ凹凸の少ないずん胴な形を作るのが理想なので、振袖の着付けをしてもらう時には、多めにタオルを持っていくと、着くずれしない綺麗な着…

TOP